正しいスキンケア方法とは

スキンケアの基礎

年と共に肌の状態は変わってきます。
しかも個人差もあるので、
同じ年でも肌の状態が同じというわけにはいきません。
どんな女性でも輝く肌でいたいと思うはずです。
そのためには正しいスキンケアが欠かせません。

スキンケアの基本は正しい洗顔に正しい保湿です。
特に洗顔は、意外にきちんと洗えていない人が多く、
その洗い残しすすぎ残しで肌を痛めている人も多いのです。
汚れを取ろうとしてゴシゴシ洗うことも逆効果です。

まずクレンジングをしっかりと行って、
化粧の汚れは落としてしまいましょう。
洗顔フォームでは化粧品の油分は落とせません。
洗顔フォームはクリームのようにふわふわに泡立てて、
優しくなでるようにすると、毛穴の汚れも浮かせて落とすことができます。

後はしっかりすすぐようにしましょう。

タオルでゴシゴシこすることも厳禁です。
肌の一番表面の皮膚は卵の薄皮のように繊細なものなのです。
洗顔が終われば、今度は化粧水と乳液、美容液です。

化粧水でまず表面にくまなく水分を浸透させます。

しっかりと浸透して肌が柔らかくなったら、
乳液で表面に膜を作ってあげましょう。

こうすることで浸透した水分が逃げるのを防ぐのです。
後は必要に応じて美容液やポイント用のものを使います。
もちろん正しいスキンケアをいくら頑張っても、
生活が乱れていては効果はありません。
一番大事なことは、バランスの取れた食事と適度な運動、快眠と快便に他なりません。
それこそが、一番正しいケア方法なのです。

大切な事は?

これから乾燥する季節になりますね。

乾燥の季節でも、ふっくらモチモチ肌でいたいものです。

美肌でいる為には、やはり普段のスキンケアが重要になってきます。

ます、クレンジングです。沢山の種類のクレンジングが販売されていますが、
お肌に優しいのはミルククレンジングです。

洗い上がりのサッパリ感はあまりありませんが、
洗顔後にあまりにサッパリしすぎるのは、
お肌の必要な成分まで取り除いてしまっていることになるのです。

お肌が乾燥しているなと感じた時は、クレンジングのみにしてみることがよいでしょう。
そして、そのクレンジングをする時の時間、力加減に注意しましょう。

考え事をしながらクレンジングなんてしていると、
ついつい長時間、同じ所をくるくるしてしまう場合があります。

また、無意識に力を入れてお肌をひっぱってしまっている事もあります。
クレンジング中は集中して、時間を計算しながら、
力を入れない様意識して洗うことをオススメします。

洗顔の後は、オイルを利用するのも効果的です。
良質のオイルは、肌の中に水分を蓄えやすくしてくれます。
つやつやのお肌は、油分だけでも水分だけでもいけません。

両方がバランスよくあってはじめてツヤのあるお肌になるのです。
顔が濡れた状態で、オイルを1~2滴顔に塗っていきます。

あまり量が多いとべたつくので、少量が良いです。
先にオイルを塗るおかげで、その後の保湿美容液がスーっと浸透していきます。
日々のスキンケアでお肌のツヤは劇的に変わります。
是非キレイはお肌で幸せを掴んでください。